• 2021.09.14

    相模原市から弊社代表が取材を受け、記事がアップされました。是非ご覧ください!

    相模原市SDGs推進室の榎本さんにお越し頂き、弊社の取り組みをお話ししました。
    蓄電池販売事業については毎年、市の蓄電池奨励金が抽選になるほど需要が高まっており、

    再エネ普及と災害対策の為にもコツコツと販売数を伸ばしていきたいと考えています。
    また、ソーラーシェアリング事業では緑区寸沢嵐(旧相模湖町寸沢嵐)で初の自社発電所の計画や、

    そこで育てる半日陰でも相性の良いブルーベリーについてもお話しさせて頂きました。
    来年度にはコロナの状況を見ながらですが見学ツアーも開催予定です。

     

    取材の様子です

    食とエネルギーを生み出すソーラーシェアリングでSDGsに貢献!【 (株)ジャスパー 】

  • 2021.07.19

    ホームページをリニューアルしました。

    弊社のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、弊社ホームページを全面リニューアルいたしました。
    今回のリニューアルでは、デザインの刷新し、内容の見直しと整理をおこなったほか、スマートフォンやタブレットなど使用環境に応じて、より快適にご覧いただけるようになりました。
    今後も、よりいっそう内容を充実させ、利便性の向上に努めてまいります。
    今後とも株式会社ジャスパーをよろしくお願いいたします。

  • 2021.01.26

    FMさがみに出演しました。 

    地元FMさがみさんにゲストとして、代表の櫻井が参加しました。相模原における当社の活動や自然エネルギーを利用することでサステナブルな社会を築く大切さをお話ししてきました。

  • 2020.12.22

    さがみはらSDGsパートナーになりました。 

    令和2年8月17日から「さがみはらSDGsパートナー制度」がスタート。企業、NPO、団体、教育機関、行政等がSDGsを起点に連携を深め、豊かな自然環境とにぎわいのある街を次世代につないで行くための取組を進め、一人ひとりの行動変容を促し、SDGsの目指す「誰一人取り残さない」持続可能な社会を実現するために、連携してSDGsの普及啓発に取り組むことを目的としています。
    SDGs(エスディージーズ)」とは、2015年に国連が採択した「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。「貧困をなくす」「気候変動に具体的な対策を」「産業と技術革新の基盤をつくる」といった17項目と、それを達成する具体的な169のターゲットで構成されています。
    今欧米を中心に「企業の収益と社会貢献・社会課題の解決は対立するものではなく、両立されるべきもの」という理念が広がりつつあり、SDGsやサステナビリティに対するコミットメントを企業戦略の中核に据えて推進している企業が増えています。